仙台市の名医も諦める脊柱管狭窄症を改善する方法
脊柱管狭窄症の痛みによる腰痛、原因不明な痛み、お尻や足の痺れの症状でお悩みの方。ドクター公認の整体で、痛くない優しく安心安全な施術。難治と言われた仙腸関節炎の痛みの原因を施術。自分の身体の事を知りたい方は北四番丁駅から徒歩3分の整体「からだの治療院~おあしす~」

仙台市の名医も諦める脊柱管狭窄症を改善する方法

宮城県内でも仙台市内でも、名医でも手の付けられない、脊柱管狭窄症で足のしびれにお悩みの方へ

 

 

  • 病院、クリニックで再手術と言われた
  • 名医の内視鏡手術後、再発した
  • 専門外来でも駄目だった・・・
  • 痛みも痺れも酷くなっている
  • 脊椎も固い
  • このまま足が動かなくなるのは避けたい

 

 

脊柱管狭窄症は名医が内視鏡手術を行い脊柱管を広げる手術が主流です。頸椎、腰部と部分的に負担をかけた方で起こります。

 

仙台市内にも脊柱管狭窄症でお悩みの方も多いでしょう。

 

脊柱管狭窄症は、腰の痛みや首肩の痛みを放置すると、どんどん酷くなる現象です。

 

 

 

病院では脊柱管狭窄症の手術が最後の選択肢であり、その後の処置はありません。

 

それは、目に見えるものを良くしても症状が引かない事を指します。

 

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすでも、脊柱管狭窄症への施術が可能です。

 

脊柱管狭窄症になってしまう脊椎への負担とは

日常生活で腰や首へガンガン負担をかけている方です。例えば

 

  • 地べたやソファーなどに座り姿勢を崩した生活を送っている方
  • デスクの高さが合わない方
  • 靴が合っていない方
  • 痛いのに無理をした運動を行っている方
  • 太りすぎで良い姿勢が保てない方
  • 疲れが取れない睡眠状態、食事状態の方
  • 便秘がひどい方

等、大まかにはこう言った理由が考えられます

 

 

 

 

仙台市の当整体でも、
脊柱管狭窄症への施術が可能です。


仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすでも脊柱管狭窄症の施術が可能です。

 

名医に手術をしてもらう事が第一選択肢と思われがちですが、手術かあなたを救わない可能性もあります。

 

近年、ヘルニアや脊柱管狭窄症などのほとんどは仙腸関節炎ではないかと、現代ビジネスの記事で「かただ整形外科」(神奈川県小田原市)の片田重彦院長も言及されています。

 

画像検査で映るものが全てを表しているのではないという事です。

 

 

 

前の項目で述べたように、脊柱管狭窄症に至るまでは腰痛や肩首の痛みに耐え、放置している場合です。

 

 

 

という事は、今度は放置せず、日々の取り組みや自分の体のケアをしていけば、良くなるという事です。

 

内視鏡手術を受けても症状が引かない方も、症状が無い状態までケアをすることで、毎日が楽になります。

 

 

 



 

からだの治療院おあしす
代表 鈴木 友貴(すずき ともたか)
3つの保有国家資格

 

柔道整復師
はり師・きゅう師

 

 

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすが提供する脊柱管狭窄症施術


仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすでは、
名医が提供する医療とは違い、体全体の緊張を抜き、脳へリラックスする信号を送り、施術中から眠気が起きるような施術を行い

 

結果的に脊堆への血流や緊張感を改善する事が可能です。

無意識の緊張感は病院の内視鏡手術で抜けないかも。


背骨が固まった時は無理に動かしたくないですよね?

 

これは自律神経があなたを守るため、脊椎や関連する部分を固めて動かさないようにして回復を図っています。

 

無理やりしこりをもんだり、伸ばしたりを繰り返せば、もっと動かせなくなり、さらなる骨の変形に至ります。

宮城県、仙台市内で、他にない脊柱管狭窄症の本質にアプローチする施術

もしあなたが、

 

  • 首肩が固い
  • 姿勢が悪い
  • 猫背、巻き肩
  • 指先があれやすい
  • 呼吸が浅い
  • 目の下にクマがある

それは緊張の表れです。

 

呼吸浅くないですか?胸椎や骨盤、肋間筋が固いと呼吸が浅くリラックスできません。

 

 

 

これらが積み重なり脊柱管狭窄症へと発展したのです。

 

完全に体が緩むと、呼吸がしやすくなります。

 

リラックスしたいときって深呼吸をしたくなりますよね?

 

深い呼吸ができるという事は、脳へリラックス信号を送る事、そして自分の中に酸素バーを作るようになります。

 

酸素はリラックスして膨らんだ毛細血管が

 

あなたの脊椎や脊柱管へと栄養を運ぶようになります。

 

 

名医があきらめたけど大丈夫?、手術後の痛みが残っててもご対応可能です

脊柱管狭窄症の手術後のリハビリが上手くいかない方も、ご利用ください。

 

もっと正しいリハビリをお伝えします。

 

人は回復と疲労を繰り返す生き物

動物は回復と疲労を繰り返して生きています。

 

脊柱管狭窄症は、あなたが思っている以上、腰や肩首の関連する部分に刺激や興奮で疲労を重ねた結果です。

 

だから、痛めている今は使う事より回復する事意識するべきです。

 

 

  1. 良くしていきたいなら、なぜ痛んでいるのか【知る事】
  2. どこで痛みが強くなって、何をしていると楽なのか?【しっかり捕らえる事】
  3. 下手に【自己判断しない事】
  4. 良くなってきている部分を使い込んで【壊さない事】

 

 

当整体の脊柱管狭窄症施術を選択しないリスク

もし脊柱管狭窄症でお悩みの仙台市内の方で、当整体ではなく他の処置(サポーターやコルセットを装用し、血行改善や鎮痛薬、筋肉弛緩剤など)を選択した場合は…

 

痛みを止める対症療法を選択する事になり

 

時間が進むと共に、状態の進行、再発し強い痛みに襲われます。

 

 

 

ここからは、名医が行う脊柱管狭窄症への処置を考察しましょう。

 

整形外科での脊柱管狭窄症のブロック注射はどこまで通用するのか?

 

ブロック注射の効果はあくまでも一時的に痛みを緩和するもの

 

ILC国際腰痛クリニック

 

それ以上にならず、緩和している間の活動は疲労となり、脊柱管狭窄症の負担になります。

 

 

脊柱管狭窄症の関節固定術のその後

関節の動きがあってこそ腰椎や股関節が正常に動くのです。これを固定するという事は・・・いずれにしても消費者として深い考察が必要かと・・・

 

高周波熱凝固(RF)も効果が無い理由

高周波熱凝固(RF)も部分的な対症療法です。

 

 

おさらいします。脊柱管狭窄症で気を付けたいこと&治らない理由

 


ここまで述べた、脊柱管狭窄症への気を付けたいことや、やっても治らない事をおさらいしましょう。
今までの脊椎を傷める習慣を改善しなければ、病院で治療をしても 繰り返して脊柱管狭窄症の症状を起こします。

 

特に座り方は大事で姿勢一つ、座る場所一つで関節の痛みは変わります。でも、そこまで一緒に取り組んでくれる 病院・整骨院・整体院はほとんどありません・・・。当院では、今までのよくなかった生活習慣のひとつひとつに、 丁寧に向き合って、あなたの脊柱管狭窄症の 原因から良くしていきましょう。

 

 

残念ながら宮城県内の名医は、脊柱管狭窄症名医のリハビリを勘違いしている

間違った脊椎、脊柱管狭窄症のケアをしているケースが非常に多くみられます。

 

  • 動かす順番が違う
  • ただ力を入れればいいと思っている
  • 脊柱管狭窄症は手術で8割以上良くなっていると思っている

 

 

筋肉は動かせばいい物でもなく、やればよくなるものでもありません。脊椎への負担を減らせば、おのずと力は入ります。

 

 

 

テレビや雑誌でも毎日色々な腰痛解消の体操・ストレッチが紹介されています。個人的に本当に良くなるような体操は一つも見た事はありません。痛みを知らない人が作った教科書上の体操が横行しているのです。

 

間違えたケアは、体がこわばり、不安に襲われます。

今まで、強く揉んだり、グイグイ無理やり動かすような痛いストレッチを受けて来た方は、 お金をかけて体を痛めてきたかもしれません。 当院の施術は一切刺激を入れません。ですが楽になります。という事は刺激は痛んだ脊椎にマイナスでしかないのです。

 

また、ストレスで頭がモヤモヤしていると、心の緊張が脊柱管狭窄症に大きく影響します。体と頭を芯からリラックスさせて脊柱管狭窄症と不安を解消しましょう。

 

最後に現在、名医もお手上げな脊柱管狭窄症で お悩みの方へ

 


最後になりますが、現在脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

 

まだ痺れが無くなる、歩けるようになる可能性がある方の多くは、ご自身で取り組むことも含め、その機会を失うほど放置してしまう事もあります

 

 

 

 

 

今が一番若い時です。

 

今から取り組むのと後から取り組むのでは、不調から抜け出すまでに雲泥の差が出ます。

 

 

 

いち早く、後悔の無い選択をして健康、快眠、快調、不調のない生き方をしましょう。

 

 

 

場所は、宮城県仙台市地下鉄北四番丁駅徒歩3分です。太白区長町方面や泉区泉中央方面の方も通いやすくなっています。また、仙台駅東口からも歩いて40分でお越しいただけます。また県外のお客様にもお越しいただいております。駐輪場もありますので自転車でもお越しいただけます。

 

 

小さな整体師『あしなか草履』も販売してます。

 

 


足半(あしなか)は歩行動作を正常に導く矯正草履です。

 

 

歩き方が良くなるだけでなく、

  • 腰痛肩こり、首の位置の改善によるストレートネック、頚椎症、ヘルニアの改善
  • 外反母趾や、浮指、内反小趾の改善
  • 動悸や息切れ、下腹部のダイエット
  • 走りやすくなる、足が疲れにくくなった
  • 寝やすくなるなど

 

 

よりあなたを健康に導きます。

 

※あしなか草履は市販もされていますが、素材や作り方によって効果が無いものが多いので当院でお求め頂いた方が確実です。

 

脊柱管狭窄症施術の予約から改善までの流れ

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすへの

 

ご予約から改善までの流れ

まずはお電話やメールでお問い合わせください


お電話で事前にご予約下さい。

 

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

 

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』

 

とおっしゃって下さい

 

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

 

※施術中や研修日などは電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。

受付で問診票のご記入をお願いします


問診票へは

 

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

 

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします


当院では心理カウンセラーの資格を取得しているので、お話したいことがあればお話しください。そのうえで

 

  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?

 

をしっかりご説明します。

 

身体状況の把握と独自の検査


西洋医学の検査では分からない、アナログな状態を把握していきます。オステオパシーの独自の検査で状況は把握できます。

 

理学療法の検査やオステオパシーの徒手検査を行います。

身体の施術を進めていきます


押したり伸ばしたり無理な事はしません。自律神経の緊張を取り除くため施術中は目を閉じて受けてください。

 

定期的な確認


施術は1回で終わりません。

 

今まで不具合を重ねてきたお体を、回数をかけて構築しなおします。

 

また、ご自身でも日常しっかり取り組まなければ、手遅れになる可能性もありますので、一緒に体への影響を見直しながら、改善へ取り組みましょう。

 

正しい座り方や立ち方、歩き方のご指導も承っておりますので、ご希望の方はコースのお申し込みをしてください。

 

 

 

しっかり、定期的に身体を作る事で、年齢を重ねても不調に見舞われない身体に出来上がってきます。

 

この名医も諦める脊柱管狭窄症を改善する方法を書いた人

 

 


鈴木 友貴(すずき ともたか)

 

1979年9月生まれ

 

仙台市若林区出身 仙台市太白区生まれ

 

◆経歴

 

2002年
仙台市 赤門鍼灸柔整専門学校

 

柔整科柔道整復科 卒業 
柔道整復師免許所得

 

2008年 仙台市 赤門鍼灸柔整専門学校
鍼灸科 卒業 
はり師きゅう師免許所得

 

2014年 
代々木全日本オステオパシー学院
(現在閉校)卒業

 

2014年 
仙台市青葉区の整体オステオパシー
からだの治療院おあしす 開業

 

◆保有国家資格

 

柔道整復師,はり師きゅう師

仙台駅東口方面から当整体へのアクセス
若林、泉中央、長町富沢方面の方は地下鉄が便利です

 

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすの営業日

10:00~20:00(平日昼休み13:00~15:00、最終19:30、土曜日は最終16:30)

定休日 水曜・日曜・祝日・当院指定日