突発性難聴の改善 仙台市青葉区の整体
繰り返す突発性難聴でお悩みの方へ、オステオパシーが出来る事を解説します。体全体のつながりや突発性難聴の体質ではどんなことが起きているのでしょうか?

突発性難聴の改善 仙台市青葉区の整体

こんなお悩み、不安はありませんか?



 

  • 一日で治っていた突発性難聴が、だんだん治らなくなってきた。
  • 耳鼻科で診察を受けたが一向に改善しない
  • ストレスも原因って言うけど、実際どう取り除けばいいの?
  • ステロイドなど強い薬は怖いから避けたい
  • 難聴が悪化してこのまま聞こえなくなるのではないか不安
  • 突発性難聴から耳鳴りの症状が出てきた
  • 耳の閉そく感も感じて会話に気を使って疲れてしまう
  • いったん良くなったと思っても繰り返し再発

 

突発性難聴の症状とは

 

突発性難聴は、医学的には原因不明の難聴の総称とされています。

 

  • 症状は両側または片側で
  • 耳が突然聞こえにくくなった
  • 耳が詰まった感じがする(耳閉感)
  • 音が二重に聞こえる、響く、エコーがかかる
  • 耳鳴りが続く
  • めまいや吐き気が起こった

 

 

誘発要因としては、雑音(工事中など)や高所で仕事、生活している、ミュージシャン等イヤフォン・ヘッドフォンの使用が多い

 

高血圧の方も突発的に難聴を起こす傾向にあります。

 

突発性難聴の一般的な処置


突発性難聴の治療は早期の対応が重要であり、一般的にはステロイド薬(副腎皮質ステロイド薬)による薬物療法(点滴)が治療として行われます。酸素療法や血管拡張剤の使用も検討されることがあります。ただし、個人の症状や状態によって治療法は異なる場合があります。

 

繰り返す突発性難聴の本当の原因とは


突発性難聴を繰り返す方は、根深い体の捻じれにより

 

自律神経が乱れています。

 

前駆症状として、耳のつまりや難聴、鼻詰まりや首コリや肩こりを感じているはずです。

 

その後、耳が完全にふさがり強めの自律神経症状を感じる

 

この様に

 

突発性難聴になる時は、相当捻じれを起こしているのです。

どの位、突発性難聴になりやすいか?チェックしてますか?

 

日々の生活でどれだけ突発性難聴になりやすいか?チェックしてますか?

 

自律神経とは、疲労を回復する機関です。

 

例えば

 

  • 足がだるい
  • ボーっとする
  • 眠い
  • 集中できない

この様にして活動を停止させて、貴方を回復しようとしてくれてます。

 

そこを無理して、活動すれば回復機能が崩れ始める、これが自律神経失調症の始まり、突発性難聴もこの階段を上る事で達成されます。まめにチェックするべきです。

 

突発性難聴でやってはいけない事は体の捻じれを放置する事


突発性難聴は『根深いからだの捻じれ』を作り上げる事で達成されます。

 

猫背でテレビを見る、スマホを見る、本を読む

 

座って作業をすることが多い

 

等、不健康は癖という捻じれを作り上げ、あなたの身体は耐えられなくなり、色々な不調を訴えます。

 

その一つが突発性難聴です。

 

 

 

捻じれは体内で雑巾絞りの様に、耳の穴もふさぎます。

 

無理をすれば、無理をしただけ、目も耳も鼻も髪の毛も脳も衰えます。

 



 

 

からだの治療院おあしす
代表 鈴木 友貴(すずき ともたか)
3つの保有国家資格

 

柔道整復師
はり師・きゅう師
※オステオパシー13年youtuber3年

 

 


お客様に合わせた計画作成します。
一緒に計画的にお身体を改善させていきましょう。

 

突発性難聴の治し方

 

突発性難聴の原因、無意識での力み、いかり肩巻き肩をほどきます。


突発性難聴は、根深いからだの捻じれを起こさない事が大事です。

 

  • 無意識の緊張
  • いかり肩
  • 巻き肩
  • ストレートネック
  • 食いしばり
  • 肩に力が入る

等々、これらを起こさない状態にする必要があります

 

まっすぐ立てる、楽に座れるようになる


東洋医学で

 

耳は足腰からの関係性を言います。

 

まっすぐ立って、楽に座れるようにする事は、聴力を保つ秘訣と言えます。

 

身体の使い方を見直し再発を防止する


突発性難聴を再発させたくないなら、お薬を飲むだけでなく、背筋を見直しましょう。
座り方、立ち方、歩き方は
生活指導コースで承ります。

 

突発性難聴の予防

突発性難聴の再発予防として
楽な姿勢の指導
をお伝えしています。

 

姿勢指導の内容一部を伝えします

耳の不調がある方は99%姿勢不良があります。

 

ですので姿勢不良をそのままにしていては、また耳がつまり、突発性難聴を起こします。

 

以下の点に気を付けましょう。

 

負担をかけない座り方①

  1. 背筋を伸ばす
  2. 肩の力を抜く
  3. お腹の力を抜く
  4. 目線まっすぐ

  1. 足の裏はつける
  2. 背もたれは使わない

 

 

突発性難聴の予約から改善までの流れ

 

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすへのご予約から改善までの流れをご紹介します

 

まずはお電話やメールでお問い合わせください


お電話で事前にご予約下さい。

 

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

 

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』

 

とおっしゃって下さい

 

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

 

※施術中や研修日などは電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。

受付で問診票のご記入をお願いします


問診票へは

 

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

 

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします


当院では心理カウンセラーの資格を取得しているので、お話したいことがあればお話しください。そのうえで

 

  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?

 

をしっかりご説明します。

 

身体状況の把握と独自の検査


西洋医学の検査では分からない、アナログな状態を把握していきます。オステオパシーの独自の検査で状況は把握できます。

 

理学療法の検査やオステオパシーの徒手検査を行います。

身体の施術を進めていきます


押したり伸ばしたり無理な事はしません。自律神経の緊張を取り除くため施術中は目を閉じて受けてください。

 

定期的な確認


施術は1回で終わりません。

 

今まで不具合を重ねてきたお体を、回数をかけて構築しなおします。

 

また、ご自身でも日常しっかり取り組まなければ、手遅れになる可能性もありますので、一緒に体への影響を見直しながら、改善へ取り組みましょう。

 

正しい座り方や立ち方、歩き方のご指導も承っておりますので、ご希望の方はコースのお申し込みをしてください。

 

 

 

しっかり、定期的に身体を作る事で、年齢を重ねても不調に見舞われない身体に出来上がってきます。

 

最後に仙台市内で
繰り返す突発性難聴でお悩みの方へ


最後に仙台市内で突発性難聴にお悩みの方へ

 

内耳の不調も体全体の不調を表すものです。

 

だから部分的なものの見方であれば原因不明になり、あなたの身体の疲れを見れば

 

その問題は解決できるものなのです。

 

 

 

今が一番若い時です。今から取り組むのと後から取り組むのでは

 

不調から抜け出すまでに雲泥の差が出ます。

 

 

 

後悔の無い選択をして、いち早く不安のない健康な体になりましょう。

 

 

この突発性難聴の改善 仙台市青葉区の整体を書いた人


鈴木 友貴(すずき ともたか)

 

1979年9月生まれ

 

宮城県仙台市若林区出身 仙台市太白区生まれ

 

◆経歴

 

2002年 仙台市 赤門鍼灸柔整専門学校

 

柔整科柔道整復科 卒業 柔道整復師免許所得

 

2008年 仙台市赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業 はり師きゅう師免許所得

 

2014年 代々木 全日本オステオパシー学院 卒業

 

2014年 仙台市青葉区の自律神経失調症専門整体からだの治療院おあしす 開業

 

◆保有国家資格

 

柔道整復師,はり師きゅう師

仙台駅東口方面から当整体へのアクセス
若林、泉中央、長町富沢方面の方は地下鉄が便利です

 

仙台市青葉区の整体オステオパシーからだの治療院おあしすの営業日

10:00~20:00(平日昼休み13:00~15:00、最終19:30、土曜日は最終16:30)

定休日 水曜・日曜・祝日・当院指定日